HOME > 企業法務

企業法務

万全ですか?あなたの会社のリスク管理

企業の事業活動にあたっては、多数の利害関係者が関与することから、労使紛争、未収金、取引先の倒産、従業員の不祥事などさまざまな問題が発生します。

会社に生じたトラブルは、その都度、迅速かつ適正に解決しておかなければ、会社や取引先に大きな損害が生じてしまったり、重大な信用問題に発展するおそれがあります。

ところが、事業者のみなさまは、事業内容については、熟知していらっしゃいますが、突発的に生じる法律や労務に関する問題に関しては、必ずしも専門家ではなく、常に適切な判断ができるとは限りません。

また、特に中小企業においては、法律や労務の専門家を常時雇用することはコストの面でも現実的ではありません。

リスク管理

法務の専門家の活用が、リスク管理の出発点

そこで、弁護士法人福井スカイ法律事務所では、事業者のみなさまに対して、法律・労務の専門家を活用することをお勧めしております。

企業の成長にともなって、会社を取り巻く権利関係はますます複雑になっていきます。専門家のアドバイスを受けて、法令を遵守した事業体制を構築し、かつ、問題が生じたときに迅速かつ適切に対応することは、極めて重要です。企業経営に、外部の専門家を活用することは、リスク管理の出発点といえるでしょう。

顧問契約を締結していただいた企業のみなさまからは、万が一トラブルが生じたときに、迅速に対応してくれる専門家がいるという安心感が得られ、事業に専念することができるようになったと大変ご好評をいただいております。

法務の専門家の活用が、リスク管理の出発点

法務の専門家を顧問契約する場合のメリット

紛争予防

日常的に顧問弁護士に気軽に相談できるので、トラブルが大きくなる前に適切な対応をとることができ、紛争を未然に予防することができます。
仮に紛争が表面化しても、事前に専門家の助言を受けることで、裁判になった場合の証拠の収集など、勝訴または敗訴のリスクを減少させるための対策を講じることができます。

顧問契約をする場合のメリット

迅速対応

電話やメールでいつでも顧問弁護士に相談することができます。
顧問弁護士は、顧問先の業務内容を理解しておりますので、紛争が生じた場合に、迅速に対応することができます。 トラブルが生じたときに、信頼関係を構築できる代理人弁護士を限られた時間で見つけるのは、一苦労です。弁護士を探して双方の日程を調整してアポイントを入れ、面談の際に、企業の事業内容、紛争の経緯を一から説明することは、想像以上に時間と労力を要します。

社会的信用の獲得

顧問弁護士の存在を示すことにより、法令遵守の意識の高い企業であることを内外に示すことができます。
従業員の方のご相談にも対応しますので、福利厚生にもつながります。

取扱業務の例

  • 1.新規事業に関する契約書の作成
  • 2.取引先との契約書について、自社に不利な条項がないかのチェック
  • 3.従業員の不祥事に対する企業がとるべき対応
  • 4.未回収の売掛金の督促
  • 5.労災の予防、発生した場合の適切な対応
  • 6.会社にミスがあり、顧客に損害が生じた場合の対応
  • 7.会社を守る就業規則の作成、見直し
  • 8.適正な労働保険、社会保険の加入による職場環境の整備

企業トラブル解決事例

懲戒処分
懲戒解雇とは
従業員トラブル
従業員が必要がないのに勝手に居残って残業をし、残業時間を申告して困っています。何か対策はあるでしょうか。
競業避止義務
従業員が退職後に競合他社に転職することや同様の事業を起業することを防止することはできるでしょうか。
秘密保持義務
製造開発の技術情報などが社外に流出することを防ぐにはどうすればよいでしょうか。

企業法務記事一覧はこちら→