HOME > 企業トラブル解決事例

企業トラブル解決事例

懲戒処分

懲戒解雇とは

2014.08.11(月)

懲戒処分として従業員を解雇処分にすることであり、最も重い懲戒処分です。企業が、従業員との労働契約を解消して企業外に放逐する処分であり、従業員にとって不利益が極めて大きいものとなります。
懲戒解雇が有効とされるには、就業規則で定めた懲戒解雇事由に該当する重大な企業秩序違反行為があることを前提に、客観的かつ合理的理由が必要です。
企業にとっても訴訟リスクが高い処分ですので、やむを得ず解雇する場合には、懲戒解雇ではなく、まずは普通解雇を検討すべきです。

懲戒処分とは

2014.08.11(月)

懲戒処分とは、企業の秩序と規律を維持する目的で、使用者が従業員の企業秩序に違反する行為に対して課す制裁罰です。
懲戒処分を行うには、就業規則に、懲戒の種類と事由が規定しておく必要があります。懲戒処分の種類には、譴責、戒告、減給、出勤停止、懲戒解雇、諭旨解雇などがあります。