HOME > 債務整理 > 完済後の過払い金請求

債務整理

完済後の過払い金請求

借金の全部を返し終わった方について、
支払いすぎたお金を取り戻します。

過払い金とは、貸金業者に支払いすぎたお金のことです。
利息制限法という法律では、上限金利を借入額10万円未満では20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%に制限しています。しかし、貸金業者は、この上限を超える金利で貸し付けを行ってきました。
高い金利で借り入れをし、長年高い金利で利息を支払い続けて完済した方は、貸金業者に対して、過払い金の返還を請求することができます。

解決までの流れ

Step1.受任通知の発送
当事務所では、ご依頼を受けた後、
直ちに、受任通知を各金融業者に発送しております。
Step2.取引履歴開示
受任通知と同時に、最初にお金を借りたときから完済に至るまでの取引明細を金融業者に開示請求します。
Step3.引き直し計算
金融業者から取引記録が開示されましたら、
速やかに利息制限法利率に基づいて計算しなおします。
Step4.返還請求
金融業者に対し、計算後の過払い額を支払うよう請求書を送付します。
Step5.報告
返還請求後の業者の対応、今後の方針などについて、報告します。
事前にご本人の了解を得たうえで、返還額について和解交渉を行います。
必要に応じて、適宜、電話・書面・面談などによって進捗状況を報告します。
Step6.訴訟提起
和解交渉において条件が折り合わず解決しないときは、訴訟を提起します。
訴訟を提起した場合、解決までにはさらに数か月の時間がかかります。
なお、訴訟提起した場合でも、弁護士が本人の代理人として手続を進めますので、ご本人が裁判所に出向く必要はありません。
Step7.和解
金融業者と返還額について合意が成立すると、和解契約を締結します。
Step8.過払い金返還・送金
和解契約の内容にしたがって、当事務所の預り金口座に金融業者から過払い金が返還されてきます。弁護士報酬を差し引いたうえで、ご本人指定口座に送金します。

手続きにかかる期間について

金融業者の対応によって異なりますが、一般的にはご依頼をいただいてから過払い金を回収するまでは数か月から1年程度かかります。訴訟を提起した場合は、さらに数か月を要します。

信用情報への記載について

いわゆるブラックリストにのるというのは、延滞や債務整理などに関する情報を、貸金業者が加盟している個人信用情報機関という民間の団体に登録することをいいます。各貸金業者が、それぞれの判断で行っている内部の情報交換であり、法律に規定されている事項ではありませんので、必ずこのようになりますといったことは申し上げられません。
もっとも、一般的に、返済を完了して取引が完全に終了し、契約を解約している場合は、登録する取引や契約が存在しないことから、過払い金返還請求をしても、ブラックリストに何ら記載されないのが通常です。