HOME > 交通事故 > 死亡事故

交通事故

死亡事故

死亡事故が発生した場合、亡くなった被害者の相続人が、加害者に対して損害賠償請求権を有することになります。

しかし、大切な家族を失って精神的につらい状況にあるなかで、残された家族が複雑な手続きを冷静に進めることは容易ではありません。
当事務所では、弁護士が相談をお聞きすることによって、ご家族の精神的な負担が少しでも軽減されるよう心がけております。

死亡事故の場合

相続人の確定

交通事故の被害者が死亡した場合、加害者に損害賠償請求をすることができるのは、被害者の相続人です。 被害者の戸籍を取り寄せて調査し、相続人を確定します。

損害の内容

死亡事故の場合の被害者の相続人が加害者に対して請求できる損害の内容は次のとおりです。

1.葬儀費
葬儀費用は、自賠責保険に請求する場合には、60万円です。
訴訟提起した場合には、150万円程度が認められます。
2 逸失利益
被害者が生きていれば得られた利益です。
将来得られた額を算定し、そのお金を一時金として受け取ることを前提に、生活費でかかる割合を控除します。また、中間利息を控除します。

基礎収入額×(1-生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数

(1)基礎収入
原則として事故前の収入を基礎として算出します。
(2)生活費控除率
被害者が男性の場合、生活費控除率は50パーセントとされるのが一般です。
3 慰謝料
訴訟提起した場合、死亡事故の慰謝料は以下のとおりです。
あくまでも、一応の目安を示したものです。
  1. 一家の支柱 2800万円
  2. 母親、配偶者 2400万円
  3. その他 2000万円から2200万円
4 弁護士費用
訴訟提起した場合、認容額の10パーセント程度が賠償額に加算されるのが通常です。