HOME > 債権回収

債権回収

債権回収

取引先に商品を販売したが支払ってくれない、工事が完了したのに、請負代金を払ってくれない、毎月請求書を送付しているが、一向に支払われない、電話で督促しても待ってくれの一点張り

企業間の取引では、掛けで決済されることが多く、債権を回収できないという事態が容易に発生します。
そんなとき、払ってくれないのだから仕方がないと泣き寝入りをしていませんか?

そもそも仕事をすれば、それに見合った対価を得ることは当然の権利です。
企業においては、取引先からの支払いを運転資金に回して経営が行われており、未回収の債権が積み重なれば、運転資金が不足することもありえます。したがって、売掛金の回収は経営上の最重要課題なのです。

当事務所では、債権回収業務に積極的に取り組んでいます。
弁護士が介入することにより、貴社の債権回収に対する強い覚悟を示すことができ、
相手方が支払ってくるケースも多くあります。

債権回収のポイント

Point1.迅速性
売掛金を支払わない債務者もできれば支払いたいと考えています。
それでも支払わないのは、資金がないことから払いたくても払えないのです。
つまり、債権回収が問題となる場面では、債務者において資金不足による倒産の危険が徐々に高まっていることが多いのです。
債務者が破産の申し立てをすれば、債権回収は事実上不可能となります。
債権回収では、なにより迅速性が重要です。
Point2優先性
これまでの経験上、払えないと言っている会社でも、資金が全くゼロの会社は少なく、売掛金や何らかの財産が残っていることがあります。
したがって、貴社の債権に限ってみれば、債務者は支払ができる状態にあるかもしれません。それでも支払わないのは、多数の債権者の中で、相手方にとって貴社の優先度が低いからなのです。
弁護士が介入することにより債権回収に対する覚悟を示すことで、貴社の優先度を上げさせることができます。
債権回収では、支払わないとまずいことになると相手方に思わせることが重要なのです。

債権回収の流れ

Step1.事情聴取
債権の種類、債権額、相手方、契約書の有無等の基本情報を確認します
Step2.債権内容の分析
貴社の請求を法的に構成します
Step3.通知書発送
内容証明郵便で請求書を発送します
Step4.交渉
相手方の主張に対して反論等を行います
■回収
弁護士報酬を控除して残額を返金します
■民事調停、支払督促、訴訟手続等の法的手続
  • 和解:和解によって回収し、弁護士費用を控除して残額を返金します
  • 判決:債務名義を取得します。
  • 強制執行による回収

少額債権の場合でもぜひご相談下さい。
弁護士報酬が持ち出しにならないように費用を考慮させていただきます。

ページの先頭へ