HOME > 倒産手続 > 民事再生

倒産手続

民事再生

民事再生手続とは?

民事再生手続とは、経済的に行き詰まった債務者について、債権者の多数の同意を得て、かつ、裁判所の認可を受けた再生計画を策定することにより、債務者と債権者との間の権利関係を調整し、これにより債務者の事業の再生を図ることを目的とした手続です。

民事再生手続においては、手続開始後も再生債務者が引き続き業務の執行と財産の管理・処分を行うのが特徴です。

民事再生手続は、従前の経営者が事業を継続することになりますので、経営者に事業継続の意欲・覚悟が必要です。
また、本業が黒字であり、事業継続が可能なことも必要です。本業が不振で、リストラ等によっても営業利益を出すことができず、キャッシュフローがプラスになる見通しがなければ、民事再生手続は困難であり、破産手続を検討することになります。
さらに、取引先との関係、租税公課の滞納状況も重要な判断要素となります。

民事再生手続きの流れ

民事再生手続きの流れ