HOME > スカイ法律日記

スカイ法律日記

交通事故

【Q 過失割合はどのように決まるのですか?】

2013年09月21日(土) 11:05 [ よくあるご質問 ] [ 交通事故 ] [ 個人のお客様 ]

交通事故のおける過失割合は、過去の判例の積み重ねによってある程度の基準が定まっています。

過去の判例の蓄積による基準が、東京地裁民事交通訴訟研究会編別冊判例タイムズ16『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』という本にまとめられています。

実務では、この基準にそって過失割合がほぼ決まります。

例えば、交差点における車両同士の事故の場合、一方に一時停止規制があれば、過失割合は、20:80となります(停止線のある方が80)。

一時停止規制のない車両の運転手の方が、「私は当てられた被害者だ。私に過失はない」といくらいっても、修正要素がない限り、実務上過失が0になることはありえません。お気持ちはわかりますが、2割の過失が認められてしまいます。

また、交差点における右折車と直進車の事故では、双方青信号であれば過失割合は、20:80となります。直進車・右折車ともに黄色信号であれば、50:50となります。

事故状況が確定していれば、基準にしたがって過失割合を決めればよいので、わりと容易に定まります。

しかし、実務上、弁護士が担当する案件では、事故状況に争いがあることがほとんどです。事故の当事者が、異なる事故状況を主張するのです。青信号で進入したと一方当事者が主張し、他方当事者が黄色信号だったと主張したりします。

私が過去に担当した案件でも、双方の当事者が青信号だったと主張した事案、事故発生地点が300メートル以上食い違っている事案、衝突した車線が食い違っている事案など様々なパターンがありました。

そもそもの事故状況に争いがある場合には、事故発生状況を立証する必要があります。刑事記録は有力な証拠になります。しかし、物損事故では、簡単な物件事故報告書だけが作成され、実況見分調書が作成されないことが多いです。

そのような場合は、信号サイクルを調査したり、目撃者や当事者の尋問によって、客観的な事故状況を明らかにする必要があります。

 

タグ:

脳挫傷に起因する神経症状

2013年06月06日(木) 19:39 [ 交通事故 ] [ 個人のお客様 ]

30代 男性
後遺障害等級 12級10号
後遺障害内容 脳挫傷に起因する神経症状

解決のポイント
歩行中に車にはねられたという事故でした。治療の結果、被害者の方は、幸いにも以前の職場に復帰することができました。
当初の賠償額の提示は、逸失利益は生じていないとして、180万円でした。
そこで、本人やご家族から詳細に聞き取りを行い、被害者が常に悩まされている頭痛の症状や職場での不都合を主張立証した結果、逸失利益を含めて580万円の賠償を得ることができました。

タグ:

高次脳機能障害、外貌醜状等

2013年06月06日(木) 19:38 [ 交通事故 ] [ 個人のお客様 ]

20代 男性
後遺障害等級 併合11級
後遺障害内容 高次脳機能障害、外貌醜状等

解決のポイント
車両同士の衝突事故により、脳挫傷等の傷害を負った事故でした。
当初の賠償額の提示は、800万円でした。
そこで、度重なる手術による精神的苦痛、顔面の醜状痕により就業先が制限されたことなどを主張した結果、慰謝料、逸失利益が大幅に増額され2600万円の賠償を受けることができました。

タグ:

頚椎捻挫

2013年06月06日(木) 19:33 [ 交通事故 ] [ 個人のお客様 ]

20代 女性
後遺障害等級 非該当
傷害内容 頚椎捻挫

解決のポイント
車両同士が出会い頭に衝突し、頚椎捻挫の傷害を負った事故でした。
過失割合と慰謝料が争点となり、過失割合については、被害者:相手方=1:9となりました。
当初の賠償額の提示額は、39万円でしたが、交渉の結果、過失相殺及び損益相殺後の最終的な金額が72万円となりました。

タグ:

交通事故による高次脳機能障害研修

2012年06月09日(土) 13:51 [ 交通事故 ] [ 個人のお客様 ]

千葉で行われた交通事故による高次脳機能障害研修に参加しました。

高次脳機能障害とは、外傷性くも膜下出血、脳挫傷等によって、認知障害や記憶障害などの後遺障害が残存することです。

今回は、年少者や高齢者の場合に、裁判上問題となる事例などの研修でした。

被害者が年少者の場合、子供が成長してから異常に気付くことがあり、それが脳損傷が原因なのか、その他に原因があるのか判断が難しいことがあります。

また、高齢者の場合には、歳をとることで、痴呆等が進行することがあります。加齢による精神機能の低下なのか、外傷性によるものなのかこれまた判断が難しい場合が多いのです。

タグ:

ページの先頭へ