HOME > スカイ法律日記

スカイ法律日記

債務整理

Q 事業者が破産した場合の従業員の給料はどうなりますか?

2013年09月27日(金) 15:18 [ よくあるご質問 ] [ 債務整理 ] [ 法人のお客様 ]

財団債権

会社が破産し、従業員の給料や退職金が未払いの場合、労働者の生活保障の必要性の観点から、一部が財団債権とされており、それ以外は優先的破産債権となります。これらは、一般の破産債権に優先する債権となります。
財団債権となるのは、①給料のうち破産手続開始前3カ月間のもの(149条1項)と②退職金のうち退職前3カ月間の給料の総額と破産手続開始前3カ月間の給料の総額のいずれか多い方の額に相当する額(149条2項)です。
給料・退職金のうち財団債権に該当しない部分や、解雇予告手当など、財団債権に該当しないものが優先的破産債権となります。

労働者健康福祉機構の未払賃金立替払制度

また、未払賃金立替払制度を利用できる場合があります。
未払賃金立替払制度は、会社の倒産によって毎月の賃金や退職金が支払われないまま退職した労働者に、事業主に代わって、国が未払賃金の8割(年齢に応じた上限あり)を立替払いする制度です。
立替払いを受けるためには、次のすべての要件に該当する必要があります。
≪要件≫
  1. 事業主が、労災保険の適用事業場で、1年以上の事業活動を行っていたこと
  2. 事業主が倒産したこと
  3. 請求者が、労働基準法上の労働者であること
  4. 請求者が、破産手続開始等の申立日等の6か月前の日から2年間に退職したこと
  5. 定期賃金、退職金が未払いであること(総額2万円未満は対象外)
  6. 退職日の6か月前から立替払請求日の前日までに支払期日が到来していること
  7. 破産手続開始決定日等の翌日から2年以内に立替払請求が行われること
なお、賞与、その他臨時的に支払われる賃金や解雇予告手当等は、立替払いの対象外です。
≪立替払の上限≫
退職日における年齢

未払賃金総額限度額

立替払いの上限額

45歳以上

370万円

296万円(370万円×0.8

30歳以上45歳未満

220万円

176万円(220万円×0.8

30歳未満

110万円

88万円(110万円×0.8

タグ:

【Q 過払金債権の時効は何年ですか?】

2013年09月21日(土) 10:14 [ よくあるご質問 ] [ 債務整理 ]

過払金債権は期限の定めのない法定債権であり、消滅時効は10年です。

消滅時効の起算点ですが、最高裁判決において、「継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約が、借入金債務につき利息制限法1条1項所定の制限を超える利息の弁済により過払金が発生したときには、弁済当時他の借入金債務が存在しなければ上記過払金をその後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意を含む場合は、上記取引により生じた過払金返還請求権の消滅時効は、特段の事情がない限り、上記取引が終了した時から進行する。」と判示されています。

よって、取引が終了したときから10年となります。

タグ:

個人の自己破産 手続きの流れ

2013年07月08日(月) 17:31 [ 個人のお客様 ] [ 債務整理 ]

個人の自己破産について、同時廃止手続きの流れです。

当事務所では、依頼者の方に図を示して、法律の専門用語をできるだけ分かりやすく説明するように心がけております。

図に記載されている期間はあくまで目安です。

タグ:

金融円滑化法の終了

2013年03月07日(木) 17:17 [ お知らせ ] [ 債務整理 ] [ 法人のお客様 ]

本年3月末に金融円滑化法の終了を迎えます。円滑化法により返済期間の延長を受けた企業のうち、正常な貸出先に戻れるのは約1割程度とも言われています。

多くの中小企業が再建が厳しい状況にあるとされています。

事業を再建できるかのポイントは、

本業が利益を上げられる状態にあることです。

つまり、キャッシュフロー(営業利益プラス減価償却費)がプラスであることが必要です。

これに加えて、経営者に再建するぞという意欲があること(これがなければ、なにも始まりません)

もっとも、中小企業の置かれている状況は、きわめて厳しく、本業の不振が深刻で、金利を払うことも難しいところが多いのです。

経営者自身の努力によっても、収益力を回復できず、やむを得ず事業をたたむことを選択せざるを得ない場合もあります。

その場合でも、早めに専門家に相談されることをつよくおすすめします。

事態を直視せず、先送りにすると、破産費用すら捻出できない状況になりかねません。

事業者の方から、資金繰りが厳しいとのご相談を受けた際に、もう少し早くご相談に

当事務所では、事業者の方の借金のご相談を無料で行っております。

弁護士に相談するのはハードルが高いと思われる方もいらしゃると思いますが、相談してからといって必ず依頼をする必要もありません。損することはないですので、早めにご相談ください。

 

タグ:

債務整理 お客さまの声

2012年04月06日(金) 19:20 [ 個人のお客様 ] [ 債務整理 ]

債務整理の依頼者から事件終了後に感謝の声をいただきました。

当初、夫婦でご相談にいらした際は、死ぬことばかり頭をよぎる・・・とおっしゃっていました。

借金のことで命を絶つことは絶対間違っていると説得し、半年後にはかならず気持ちが楽になるから思いとどまるようにと励ましたことを覚えています。

事件が終了して、表情がすっかり変わりました。

本当によかったです。

【お客様の声】

債務整理アンケート

タグ:

債務整理の案件では、費用の支払方法のご相談に応じます。

2012年03月14日(水) 22:22 [ お知らせ ] [ 個人のお客様 ] [ 債務整理 ]

任意整理、過払い金請求等の債務整理の事案では、

当事務所では、弁護士費用の分割払い、後払いなど依頼者の事情に応じて柔軟に対応しております。

お気軽にご相談ください。

タグ:

[50代男性] 任意整理で負債が減りました

2012年02月15日(水) 14:35 [ 個人のお客様 ] [ 債務整理 ]

[ 福井:50代男性 ]

必要な時にいつも気軽にお金を費者金融からお金を借り始めました。
しかしかなり借金が増えて返済もきつくこれから恐ろしくなりましたが、裁判など大げさに目立つことをせず解決できないかど相談しました。

【結果】

任意整理で負債が減りました。

【解決ポイント】

任意整理の結果、消費者金融1社に対する負債について、90万円から2万円に圧縮することができ、一括返済で債務がなくなりました。

タグ:

[40代男性] 完済後の過払い金を回収しました

2012年02月15日(水) 14:34 [ 個人のお客様 ] [ 債務整理 ]

[ 福井:40代男性 ]

これまで生活や遊びの為に費者金融からお金を借り始めました。
すでに完済しましたが、過払いがあるのではないかと相談しました。

【結果】

完済後の過払い金を回収しました。

【解決ポイント】

完済済みの消費者金融1社から、250万円の過払い金を回収しました。
時効が迫っている事案であったため、迅速に手続を進めました。

タグ:

[40代女性] 任意整理で負債がなくなり、過払い金を回収しました

2012年02月15日(水) 14:13 [ 個人のお客様 ] [ 債務整理 ]

[ 福井:40代女性 ]

生活費や子供たちの学費で出費が重なり、主人に黙って消費者金融からお金を借り始めました。
4社から借入れと返済を繰り返し、気付いたら150万円の負債があり、月8万円ずつ返済していましたが自分だけでは返済ができず、一人悩んでいました。

【結果】

任意整理で負債がなくなり、過払い金を回収しました。

【解決ポイント】

任意整理の結果、3社から合計90万円の過払い金を回収し、
25万円の債務が残った1社に対して一括返済することができました。

タグ:

ページの先頭へ