HOME > スカイ法律日記

スカイ法律日記

交通事故による高次脳機能障害研修

2012年06月09日(土) 13:51 [ 交通事故 ] [ 個人のお客様 ]

千葉で行われた交通事故による高次脳機能障害研修に参加しました。

高次脳機能障害とは、外傷性くも膜下出血、脳挫傷等によって、認知障害や記憶障害などの後遺障害が残存することです。

今回は、年少者や高齢者の場合に、裁判上問題となる事例などの研修でした。

被害者が年少者の場合、子供が成長してから異常に気付くことがあり、それが脳損傷が原因なのか、その他に原因があるのか判断が難しいことがあります。

また、高齢者の場合には、歳をとることで、痴呆等が進行することがあります。加齢による精神機能の低下なのか、外傷性によるものなのかこれまた判断が難しい場合が多いのです。

タグ:

ページの先頭へ